むくみを即効で解消 !すぐにできる部位別解消法まとめ

即効むくみ解消

朝起きたら、顔がパンパン!夕方になると足がパンパン!
むくみは表情や顔つきまで変えてしまったりすることも。
そして、足が太く見えてしまうのも困りものです。

生活習慣や食生活、、ストレス、そして運動不足に睡眠不足。
むくみの原因は様々ですが、自然にむくみが解消するのをじっくり待っているなんて無理なお話。

この記事では、むくみを即効で解消する方法を部位別に紹介しています。
すぐにむくみを解消したい、という方は是非試してみてください。

顔のむくみを即効で解消する方法

前の日に飲み過ぎた、塩分を摂りすぎた・・・
朝、顔がむくんでいるのは加温皮膚下に、水分が余分に溜まっているのが原因。

リンパ、血液などがスムーズに流れていないと、どうしても皮膚下に水分や老廃物が滞ります。

本来は寝ている間に、余分な水分や老廃物はスムーズに流れて排出されていくものです。
でも、飲酒によって血管が拡張し血液の流れが遅くなると、この排出のめぐりが悪くなるのです。

また、朝の顔のむくみは睡眠不足や前日の食事による塩分過多も原因に。
そのまま放置しておいても重力により、時間とともに顔のむくみは解消していきますが、ここではできるだけ早く、「即効で顔のむくみを解消できる方法」を紹介します。

1.首をマッサージでほぐす

まずは顔のむくみの原因となっている、顔の皮膚下の水分をスムーズにめぐらせるために、首をマッサージしてほぐしてください。

ゆっくりと首をまわす、鎖骨を指でVサインを作ってはさみ、リンパが流れるのを意識してください。

マッサージは過度の力をかけることなく、心地いいくらいの力で行うようにしましょう。
鎖骨はVサインではさみ、やさしくこするイメージで十分です。

2.顔をマッサージでほぐす

顔には必ずクリームやマッサージオイルをあらかじめ塗っておくようにしましょう。
マッサージの摩擦が刺激となると、肌ダメージを受けることもあるので注意してください。

顔のマッサージは口角に指を2~3本(人さし指、中指、薬指)あて、口角から鼻、目の下、耳の下、そして鎖骨まで、しっかりリンパを流すイメージで大きな円を描くように行います。

次に、鼻の横から頬を中心に外回りにおおきめの円を描くようにマッサージします。

次に眉間に指を2~3本(人さし指、中指、薬指)をあて、眉の上を通りながら(額を上にあげるようなイメージで)、こめかみ、耳の下、そして鎖骨まで流していきます。

そして目の周りは2~3本(人さし指、中指、薬指)を目尻にあて、うわまぶたを通りながら目頭へ、そのまま目の下を通りながら耳の下、鎖骨まで流していきます。

3.目元のむくみ解消スペシャルケア

顔のむくみのお悩みで一番多いのが、目元のむくみ。
首から顔のマッサージをしてもむくみが解消しないという人は、蒸しタオルを用意してください。

お手持ちのタオルを濡らし、レンジでチンすれば十分です。

目元のむくみを即効で解消するなら、目を閉じて蒸しタオルを瞼にあてます。
※熱すぎないように注意しましょう。

数分あてたら、今度は冷たい水で2~3回洗顔します。
熱いタオルと冷たい水の温度差により、血行が促されるのでむくみ解消にとても効果的です。

 

 

4.顔のむくみ解消に効果的なツボ

耳の後ろからまっすぐ下におろした線と、のどぼとけの線が交差する場所にある「天窓(てんそう)」というツボ押しが効果的です。

中指の腹で「天窓」を気持ちいいと感じる程度の強さで押します。
天窓を押すことで、顔や頭の血行がよくなります。

またもみあげと耳の中央に存在する「耳門(じもん)」、耳だぶの後ろの窪みにある「翳風(えいふう)」も顔のむくみ解消に効果的です。
この2つのツボ押しは、リフトアップ効果や美白作用も期待でき、水分代謝を高めるので普段から押すクセを付けておくのもおすすめです。

いずれのツボも3秒くらいゆっくりと心地いい強さで押すようにしてください。
3回~5回は行うようにしましょう。

足のむくみを即効で解消する方法

足には第二の心臓とまでいわれる大きな筋肉のポンプ、ふくらはぎが存在しています。
そのため、本来なら心臓から送り出された血液や水分が身体をめぐり、ふくらはぎのポンプによって押し返され「めぐる」のが自然です。

しかし、現代人は足のむくみに悩まれている人が多くなっています。
足のむくみも放置せずに、早め早めのケアをしておくように心がけましょう。

1.足のむくみをマッサージで解消

足のむくみを解消するのにマッサージは効果的ですが、マッサージをしていく順番がポイントになります。

まずは、足の裏からマッサージを始めていきましょう。
足裏をしっかりともみほぐしてから、足首、ふくらはぎ、太ももと心臓に近い方へと上がっていくのが効果的です。

そして最後に鼠径部を押すことで、滞った水分の流れを良くしていきましょう。
重力によって、余分な水分も下の方へ溜まりやすくなりますから、下からマッサージを始めることは重要です。

2.足首をまわす

足がむくんでいるときに、なんとなく足首まわしをしたら気持ちが良かった、という経験はありませんか?

足首を左右、順番に5分から10分ずつ回してみましょう。
とても簡単ですが、足の血行が促進され、足のだるさやむくみ解消への効果には即効性があります。

3.足のむくみを即効解消させる体操

一般的にはゴキブリ体操などとも呼ばれている、足のむくみを即効で解消できる体操も紹介しておきます。

まずは、仰向けに寝転がり両手両足を天井へとまっすぐにあげます。
この状態で、手足をバタバタ、ブルブルと振動させます。

この動きによって、滞った余分な水分や老廃物がスムーズに流れだし、体の血流も良くなります。
この体操は、寝転ぶスペースがあれば簡単にできる上、足だけでなく手のむくみ解消にも効果的です。

また、むくんでいなくても、足が疲れてだるい、という時にも効果を発揮します。
長時間行わなくても即効で効果が得やすいのもいい点。
1回あたり1分から2分でも十分な効果が期待できます。

4.足のむくみ解消に効果的なツボ

刺激を与えることで、内臓機能を高めるツボは足の内側にある経絡「脾経(ひけい)、腎経(じんけい)、肝経(かんけい)」にあります。

足のむくみを解消するには、この経路にそったツボ押しが効果的です。

脾経(ひけい)

①三陰交(さんいんこう)
足の内側のくるぶしの一番膝寄り(立った時に高い位置)から指4本分上。
骨と筋肉の境目にあります。

三陰交は、むくみ解消、冷え症解消、更年期の症状緩和にも効果が期待できます。
押したときに痛みを感じる女性も多いツボとして知られていますので、押すときは力の入れ具合に気を付けましょう。

②太白(たいはく)
太白(たいはく)は、足の親指のつけ根にある太い骨の内側にあります。
足の親指を曲げるとシワができるので、そのシワのかかとに近い部分です。

太白を刺激することで、血圧が正常にコントロールされるため低血圧にも効果があるといわれています。

③太渓(たいけい)
太渓(たいけい)は、内側のくるぶしとアキレス腱のあいだの窪みにあります。
太渓(たいけい)を刺激することで、アンチエイジング効果や下半身の冷えにも効果が期待できます。

冷えが解消されることで、体内の水分代謝も上がり、むくみ解消に効果があります。

湧泉(ゆうせん)
湧泉(ゆうせん)は、足の裏の土踏まずの中央より、やや上にある足の指を曲げると凹むところにあります。

湧泉(ゆうせん)を刺激することで、足の筋肉が緩み冷えの改善へとつながります。
また、腎臓の働きをよくするため体内の水分を調節してくれるという効果もあります。

血液循環促進の効果も期待でき、女性の下半身の冷え解消にも効果的。
疲労回復効果もあるので、女性におすすめのツボといえます。

⑤曲泉(きょくせん)
曲泉(きょくせん)は、膝を曲げたときにできる膝内側のシワの先端にあります。
男性、女性に限らず泌尿器疾患などにも効果的です。

膝の痛みにも効果があることで知られているツボですが、血行促進、リンパの流れをスムーズにする効果があり、肝機能改善にも効果が期待できます。

むくみ解消は、まず生活習慣や食生活の改善から

すでにむくんでしまってからの、即効でむくみを解消する方法について解説してきましたが、むくみは起こる前に事前に予防することが重要です。

日々の生活習慣、例えば長時間立ったままの立ち仕事をしている、座りっぱなしのデスクワークである、などによるむくみは、あくまで一過性のものであることがほとんどですが、むくんだまま放置しておくのはとても危険です。

むくみは気になったらすぐに解消法を行ってケアするように習慣づけておきましょう。
また、長期に及んでむくみが解消されない場合には、病気が影に潜んでいる可能性もあるので、安易にたかがむくみと侮らないようにしておきましょう。

現代人は、塩分過多に陥りやすく、慢性的な運動不足、ストレス、そして睡眠不足にも注意が必要です。
塩分を摂りすぎれば、体内でのナトリウムと水のバランスが悪くなり、体が水分を溜めこもうと働いてしまいます。

そして、冷えを放っておくことも、むくみ悪化の原因に。
冷え症対策は、常に心がけるようにしておきましょう。

水分排出を促すサプリメントも効果的

むくみを即効で解消するために、サプリメントを使用するという人も増えています。
いずれのむくみサプリも、水分排出を促す成分が配合されており、効果が実感しやすいのが特徴です。

どうしても、むくみやすいという方は試してみるのもよいでしょう。

むくみ解消に必要とされる、食べ物や栄養素については以下の記事も参考になさってください。